認証サービス

審査の特色

無駄を省き経営に役立つ。本物のマネジメントシステムがここにあります

審査登録機関はビジネスパートナーです。高い信頼性と実績を誇るDQS Japanへ

ISO 審査登録機関をお探しの皆様
ISO認証取得はしているが、ISOのメリットがわからないと感じている事務局の皆様
マネジメントシステム審査登録機関のサービスにご不満をお持ちの皆様
DQS Japanの審査についてご紹介します。

DQS Japanで2つ以上のマネジメントシステム(ISO9001、ISO14001、OHSAS18001)の認証を取得している企業/組織に対し、マネジメントシステムの融合レベルにあわせて、統合審査を実施することが可能です。 これらの統合されているシステムは、品質的側面・環境的側面・労働安全的側面、それぞれの視点から確認する事により、ISO9001・ISO14001・OHSAS18001マネジメントシステム規格に適合しているかの確認が出来ます。

現在、規格によっては、別のマネジメントシステム審査登録機関で登録いただいている企業様も現状の認定証を維持した状態で、DQS Japanへのご変更が可能です。

DQS JapanのISO審査登録

ISO認証の為に無駄な作業を増やしていませんか?『ISO =役に立たない』世間一般的にそんな声が聞こえてきます。それはISO認証のために通常業務以外の余分な業務が増えたからですか?使用しないマニュアルを作った、文書・帳票が増えた、無駄な作業が増えた。費用対効果が得られない。そんな経験があるからですか?

ISO認証のために特別なことをする必要はありません。ISOは会社の業績を改善していくための仕組みです。当たり前のことを当たり前に実施していくのに必要な仕組み~それが本当のISOです。

ではなぜ「カタチだけのISO」を作り上げてしまったのでしょうか?その理由のひとつにマネジメントシステム審査登録機関の責任が考えられます。間違った認識を持った審査員がISO審査をし続けていれば、ISOが効果を生みだすことはありません。ISOの効果とは、企業体質の改善、顧客満足の向上、人材育成、効率改善。

~理想と現実のギャップに気が付き、改善すべき真実が見える~ これらがISO認証のもたらす効果です。事務局の皆様、無駄な作業はもうやめましょう。

効果を生むISOにするには?

専門性の高い審査を提供

主にこのような業界で実績を積んでいます。

統合システム審査をお考えの方へ

統合システムには、情報共有化の強化、システムの継続的改善のスピードアップ、システム運用負荷の軽減、事務作業の軽減、審査工数の低減、維持管理コスト低減、などのメリットがあります。
システムの統合度合いに応じて、統合システム審査を受ける事が出来ます。
尚、IATF16949認証は、複合審査・統合審査の対象外です。

組織には多くの要求事項に対して、いくつものマネジメントシステムが絡み合ったマネジメントシステムが構築・運営されています。
相反する要求に対応している部分も有りますが、相似している要求に対応して統合されたシステムとなっている部分も発生します。多くのシステムを統合化していく事で、各マネジメントシステムからの改善情報や、問題点を共有化でき、より強固で活用度合いの高いマネジメントシステムへと継続的改善のスピードアップが期待できます。

ダブル・トリプル統合システム審査

DQS Japanで2つ以上のマネジメントシステム(ISO9001、ISO14001、ISO45001)の認証を取得している企業/組織に対し、マネジメントシステムの統合レベルにあわせて、統合システム審査を実施することが可能です。
これらの統合されているシステムは、品質的側面・環境的側面・労働安全的側面、それぞれの視点から確認する事により、ISO9001・ISO14001・ISO45001マネジメントシステム規格に適合しているかの確認が出来ます。

現在、規格によっては、別のマネジメントシステム審査登録機関で登録いただいている企業様も現状の認定証を維持した状態で、DQS Japanへのご変更が可能です。

ISO9001とISO14001のダブル統合審査のケースイメージ

  • 審査は別々に計画・実施される。
  • 審査工数は、両規格それぞれ単独で算出
  • 審査工数はシステムの統合度合いに応じて削減
  • マニュアルを一冊にするかは任意です
  • 共通項目(経営層・内部監査・教育訓練・ 文書管理など)及び、統合されているプロ セスをまとめて審査する

システム統合の進め方について、ご遠慮なくお問い合わせください

コンサルティング業務は行っておりませんが、統合時に考慮すべき事・方向性・ メリット&デメリット各規格の説明・などを実際の審査を行っている審査員が訪問説明いたします。

PAGE TOP